AD

もう迷わない!【デザインの配色】色案地獄から脱出する3つの方法

今作ってるデザイン、どんな配色にしよう…。
新人くん

ボクは色のセンスがないから、迷ってばかりで時間がかかるんだよなぁ…。
新人くん

 

ピノくん
配色で悩んでいるの?

そうなんだ。先輩から「おいしそうに見えない」ってダメ出しを食らっちゃうんだ。
新人くん

 

料理広告は配色ひとつで印象が変わります。

「タイトルはピンクがいいかなぁ…」
「アイコンはブルーがいいかなぁ…」

と、時間をかけて作ったものの、なんだかしっくりこない…。

 

あなたもそういった経験ありませんか?

 

ピノくん
ここでは、配色選びに迷わないための3つのポイントをお伝えするよ!

 

この記事でわかる事

おいしそうな色の選び方が分かる
配色の説明のしかたが分かる
配色のインプット方法が分かる

 

この記事の著者のプロフィール

・広告代理店アートディレクター
・撮影ディレクションもします
・イラレ、フォトショ使用
・食品広告に携わって15年目突入
・流通、外食チェーンの広告を制作

 

ピノくん
ボクもこれまで、色案地獄から抜け出せない時期がいっぱいあったんだ。
ピノくん
「もう出す色がないよ…」ってくらい色案を出したこともあったんだよ。

 

ボク、今その状態…。 エンドレス色案スパイラル(泣)
新人くん
ピノくん
でも、コツを覚えてから、時間も短縮できるようになったんだ。

 

ボクにも教えてください!
新人くん

 

 

 

おいしそうな色の選び方

ピノくん
まず、色の選び方ついてお話するね。
よろしくお願いします。
新人くん

 

ピノくん
料理には、相性のいい配色ってのがあるんだ。
ピノくん
相性のいい配色は、おいしさがアップし、相性が悪い配色はマズそうに見える。
ピノくん
それを見極める事が大切なんだよ。

 

でも、料理ってたくさんあるよね。相性全部を覚えるって大変じゃない?
新人くん
ピノくん
温かいもの・冷たいもの。 この2つの色の相性が分かればだいたいオッケーさ。

 

肉類、サラダ、麺類、パスタ、デザートなど、料理はたくさんありますが、大きく「温かいか、冷たいか」の2つに分かれます。

 

この2つのおいしそうな色、マズそうな色をそれぞれ知っておけば、色の選択肢を減らす事ができて、作業効率もグッとあがります。

 

 

温かい料理の場合

ピノくん
オムライスで説明するね。

オムライスなどの熱のある料理は、赤、黄色、黄緑、茶色などの暖色系を選びます。

 

ピノくん
CMYKでいう、
M(マゼンタ)・Y(イエロー)を中心とした配色がベストだよ。

 

赤、黄色は熱を感じる色、茶色、黄緑はぬくもりを感じる色と意識しておくといいです。

 

ピノくん
逆に青系、紫系、グレーなど寒色系を使うと一気にマズそうになるんだ。

ピノくん
料理とまったく親和性のないC(シアン)は、一気に食欲がなくなるんだ。
ピノくん
青いハンバーグや、青いラーメンってどう思う?
うん。すごくマズそう…。
新人くん

 

このように食欲がなくなる寒色系はおすすめしませんが、

・予告○月○日より!
・もうすぐ締め切り!
・○時までのタイムサービス

など、「おいしさとは全く関係ない情報」を伝える時に、使用したほうがいい場合もあります。

 

冷たい料理の場合

ピノくん
アイスで説明するね。

アイスなどの熱のない料理は、寒色系でまとめます。

ピノくん
水色、エメラルドグリーン、クリーム色といった、C(シアン)とY(イエロー)をベースにした配色がいいよね。

 

特にアイスの場合はパステル調にしてあげることで、優しく爽やかな雰囲気になります。

 

ピノくん
ちなみに暖色系になるとこんな感じ。

なんか、今にも溶けそう…
新人くん
ピノくん
M(マゼンダ)・Y(イエロー)といった暖色系は、「ひんやり感」がなくなっちゃうから止めた方がいいよね。

 

でもさ、スーパーやコンビニに売ってるアイスのパッケージって赤いのが多くない?
新人くん
ピノくん
パッケージの配色は、視認性を最優先しているから赤が多いんだ。

 

視認性とは、パッと見ただけで内容が分かること。

つまり売り場で、他社商品と並んでも目立つようにと意識してデザインしたものなので、おいしさとはまた別のベクトルになります。

 

 

説明できる配色にしよう

ピノくん
先輩から何度もダメ出しをされる。って言ってたよね。
うん。困ってる…。
新人くん

 

ピノくん
確認してもらう時ってちゃんと説明してる?
え?してないよ。できましたー。って見せてるよ。
新人くん

 

ピノくん
それじゃあ、何度もダメ出しされちゃうよね。
どうゆうこと?
新人くん

 

ピノくん
なぜ、この色をチョイスしたか。この配色はどんな効果があるか。
ピノくん
そういった理由を説明できないと、納得させる広告は作れない。

 

なぜ、この色…。どんな効果…。どうやって考えればいいんだろう…。
新人くん
ピノくん
料理から連想するキーワードを決めればいいんだよ。

 

 

連想できる単語を書き出す

ピノくん
上の画像みたいに、オムライスから連想できる単語を書き出す。

 

ケチャップの黄色と赤を使おう。
サラダが合うからグリーンもいいかも。
ランチだから優しいトーンにしよう。

 

ピノくん
そして、言葉から連想する色を決めてデザインに反映するんだ。

 

そうする事によって「なぜこの色を選んだか」の理由に具体性が生まれ、説明に信憑性が増します。

 

ピノくん
今回はオムライスを例にしたけど、他の料理でも考え方は一緒だよ。

 

 

ありえない色の説明も想定する

連想できる単語を抽出することで、ベストな色に辿りつくことができると同時に、ありえない色の理由も知る事ができます。

 

・ケチャップと卵の赤と黄を使おう。
→ 青や紫はオムライスにないからNG。

・サラダのグリーンも合うかも。
→ 濃い茶色は重い印象になるからNG。

・ランチの優しいトーンにしよう。
→ 重く暗い色合いは夜っぽいからNG。

 

ありえない色の理由も知っておけば、

「このオムライス、青い文字でかっこよくしてもらえませんか?」

とクライアントから無茶振りされても、おすすめしない理由の説明ができます。

 

 

配色をインプットをしよう

ピノくん
配色のセンスを磨く方法を教えるね。
お願いします。
新人くん
ピノくん
ズバリ!色々な広告を見てインプットするんだよ。

 

雑誌、駅貼り広告、飲食店のポスター、テレビCMなど、あなたの周りには、たくさん参考になるものが転がっています。

 

ピノくん
でも、ただぼんやり見るだけはダメだよ。意識して見ないと、忘れちゃうからね。

 

「なんで?」の理由を探す

気になる広告を見つけた時は「すごいな〜」ではなく「なんですごいんだろ?」という理由を探すようにしましょう。

 

・なぜこの配色なのか
・ターゲットはどこか
・どんな説明をしたんだろう

 

もちろん、その広告に携わった人にしか分からないので正解を求める必要はありません。

 

ピノくん
自分なりの「なぜ?」を繰り返すことで、配色のセンスが磨かれるんだよ。

 

「自分ならこうする。」を探す

「なぜ?」を探したあとは、自分なりの改善策を導き出すようにしましょう。

 

・自分ならこんな配色にしてみる
・あえてターゲットを変えてみる
・自分でも説明をしてみる

 

脳内シュミレーションすることで、突然の発注にも対応できるスピード力と、説明を求められた時のプレゼン力がアップすることができます。

 

ピノくん
通勤時などのスキマ時間で気軽にやるくらいの方が継続しやすいよ。

 

まとめ

配色に迷わないためのポイントまとめ。

・おいしい色まずい色を理解する
・配色の理由を説明できるようにする
・連想ゲームで単語を書き出す
・普段から訓練してインプットする

 

すぐに実践できそうだからやってみるよ。
新人くん
ピノくん
そうだね。配色スキルはデザイナーの武器になるから、どんどん磨いていこうね!

 

一番下にある【コメントを書き込む】に感想や意見をいただけると、今後の記事クオリティアップやモチベーションに繋がります。

最後までありがとうございました。

人気ブログランキングへ

アドセンスコード

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はらぺこピノ

お取り寄せグルメや、コンビニ、外食チェーン店など、食べものに関する記事を書いています!また新人デザイナーやディレクターに向けた「食の伝え方」も発信しています!

-AD
-

© 2020 はらぺこピノブログ Powered by AFFINGER5