コンビニ・外食

旅行者向け【釜石ラーメン】人気店!駅から行けるおすすめ7選!

「釜石の美味しいラーメン屋が知りたい!」

 

今回は旅行者に向けた、駅からそんなに遠くない「釜石市のおすすめラーメン屋」を7店舗紹介します。

こってり・濃厚系のラーメンのお店は結構見かけるんですが「昔ながらのあっさり醤油ラーメン」のお店って少ないと思いませんか?

 

釜石ラーメンの特徴は、

・琥珀色の醤油系スープ
・麺は極細ちぢれ麺
・トッピングはシンプル
・価格は500円〜600円

 

これこそが本来のラーメンなんじゃないかと思います。

 

私は岩手県出身。

親戚が釜石市に住んでいるので、帰省のたびに釜石を訪れ(今年はコロナで自粛)その度に「釜石ラーメン」を食べに行ってました。

ラーメンをすするたびに「昔ながら」という言葉は、まさに釜石ラーメンのためにあると言っても過言じゃないなぁ〜。

と切に感じています。

 

今回は「駅から歩いていける・車でも10分程度で行ける」お店を厳選して紹介するので、参考にしていただければ幸いです。

 

釜石市内の移動はレンタカーがおすすめ!

 

食べたいけど遠くて行けない!という方はお取り寄せもできます。

旅行者向け【釜石ラーメン】人気店!駅から行けるおすすめ7選!

続きを見る

 

【釜石ラーメン】新華園本店

 

この投稿をInstagramで見る

 

遠藤一清(@endo_kazukiyo)がシェアした投稿

釜石ラーメンの発祥とも言える釜石ラーメンの代表格。

今年で創業70年目を迎える、一番人気の老舗ラーメンなんです。

 

ピノくん
お値段も530円とリーズナブル!

 

透き通った琥珀色のスープに細ちぢれ麺はファンからも愛され、過去にカップラーメンとして全国発売された事もありました!

 

先代は台湾出身という事もあり、ラーメン以外にもチャーハンやワンタン麺など、一般的な中華料理も食べる事ができます。

場所はJR釜石駅から市内に向かって徒歩10分〜15分

初めての方は迷わず「新華園」に行くべきですよ!

関連ランキング:中華料理 | 釜石駅

 

 

【釜石ラーメン】新華園NAMAZUMA

出典:https://en-trance.jp/gourumet/noodles/1634.html

こちらは新華園本店より「のれん分け」をした支店。

もともと新華園本店で切り盛りしていた弟さんが独立して作ったお店なので、味は「本店」と変わらない美味しさが味わえます。

 

ピノくん
こちらもお値段は530円!

 

王道の釜石ラーメンとは別に「トマトめん(800円)」や「トンポーローめん(980円)」など、ここでしか味わえない変わり種メニューがあります。

また、三陸ならではの「フカヒレ姿めん」もご用意。

2550円とかなり高額ですが、話のネタとしてオーダーするのも良いかもしれません。

JR釜石駅からは、車・タクシーで約10分ほどで行く事ができます。

 

関連ランキング:ラーメン | 釜石駅小佐野駅

 

 

【釜石ラーメン】駅前食堂

出典:https://en-trance.jp/gourumet/noodles/239.html

その名の通り、釜石駅の側にあるラーメン屋。

駅を出て1分のとこにある「サンフィッシュ釜石」という鮮魚市場の一角にあるので旅行者にはとても便利です。

 

ピノくん
お土産も買えるからね!

 

活気ある漁市場の雰囲気を楽しみながら、食べる釜石ラーメン(500円)は格別!薄口でもコクのある味にどんどん箸が進みます!

 

ピノくん
海鮮系のメニューも豊富だよ!

 

海の幸がふんだんに乗った「海鮮ラーメン(850円)」や濃厚な「ウニチャーハン(1300円)」など、たくさんのメニューがありすぎて、何を食べるか迷ってしまいます!

また、朝7時から営業しているので、朝食として「釜石ラーメン」を食べる事ができるのも嬉しいポイントです。

 

関連ランキング:定食・食堂 | 釜石駅

 

ギフトで喜ばれる岩手銘菓はこれ!

【仙台駅倉庫出荷】【常温・冷蔵商品】さいとう製菓かもめの玉子ミニ15個入[東北 お土産 みやげ 東北みやげ][お菓子 スイーツ グルメ おとりよせ][ お年賀 お中元 お歳暮] お取り寄せ ギフト プレゼント のし可

価格:1,458円
(2021/1/10 17:26時点)

[完全限定品] 黄金かもめの玉子6個入り[さいとう製菓]

価格:2,900円
(2021/1/10 17:27時点)

 

【釜石ラーメン】こんとき

 

この投稿をInstagramで見る

 

澤口 美千代(@mura1204)がシェアした投稿

「こんとき」も釜石を代表するラーメンのひとつ。

国内最大のラーメンショーに2011年・2012年と2年連続で岩手県代表として出店しました。

東日本大震災でお店が全壊、しばらくの間は「仮説店舗」で営業をしていたんですが、2019年より鵜住居(うのすまい)という場所でお店を再開しています。

 

ピノくん
釜石復興スタジアムの近くなんだよ。

 

「こんとき」の釜石ラーメン(550円)は、非常にさっぱりしていて、おかわりも余裕でできます。また、お酒のあとの「〆のラーメン」として食べる方も多いんです。

 

場所は、あまちゃんで一躍有名になった「三陸鉄道(通称さんてつ)」で3つ目の駅、鵜住居(うのすまい)より、徒歩5分もかからない場所にあります。

 

関連ランキング:ラーメン | 鵜住居駅

 

 

【釜石ラーメン】佐々木食堂

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuichi Kubota(@kubota.yuichi)がシェアした投稿

釜石市内から少し離れた平田(へいた)という場所にある「佐々木食堂」。テレビやメディアでは紹介されない穴場的ラーメンなんです。

 

ピノくん
年配のおばちゃんが2人で経営する庶民的な食堂なんだよ。

 

メニューは少なく「中華そば(600円)」と「味噌おにぎり(100円)」「味噌おでん(1本150円)」くらいですが、

佐々木食堂のラーメン食べたさに、県内だけでなく県外からもお客様がやってきます。

 

透き通るようなあっさり醤油ベースの極細ちぢれ麺といった釜石ラーメンにプラスして、トッピングのチャーシューがひときわ大きく、そして柔らかいのが特徴です。

 

場所は、釜石駅から車で約15分。
電車の場合は「三陸鉄道」平田駅から徒歩5分のところにあります。

 

関連ランキング:ラーメン | 平田駅

 

 

【釜石ラーメン】昇華

 

この投稿をInstagramで見る

 

seiichi.sato.1420(@seiichi.sato16504)がシェアした投稿

「昇華」は前の「佐々木食堂」と同じく、平田(へいた)という場所にあります。

私も食べに行ったことがあるんですが、地元民に愛される「昭和の食堂」といった雰囲気があります。

 

昇華の釜石ラーメン(500円)はワンコインではもったないくらいの美味しさ。

麺のコシがしっかりしていて最後まで食感を楽しむ事ができ、スープはあっさりしっかり深い味わいの醤油味。

 

ピノくん
最後の一滴までおいしく飲み干す事ができるよ。

 

トッピングは、メンマ、チャーシュー、海苔、ネギのみ。シンプルだからこそ本来のラーメンの美味しさが際立ちます。

 

場所は、釜石駅から車で約15分。
電車の場合は「三陸鉄道」平田駅から徒歩約10分のところにあります。

 

関連ランキング:ラーメン | 平田駅

 

 

【番外編】きりきり善兵衛

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIHO.N(@mi81ho21)がシェアした投稿

最後にご紹介するのは「キリキリ善兵衛」

釜石ラーメンの醤油味とは違い「さっぱり塩味の磯ラーメン」ですが、なぜ紹介したかったかと言うと、

私が大好きだから。

 

今までは大槌町の吉里吉里(きりきり)という、釜石市内から車で30分以上もかかる遠い場所にしかなったんですが、

今は釜石市内にある「イオンタウン釜石」でも食べる事ができるので、遠方まで足を運ぶのが困難な方はこちらがおすすめです。

 

麺は細麺で、スープはあっさり塩味の「名物!磯ラーメン(880円)」

なんといってもホタテ、わかめ、イカ、めかぶなど、三陸海の幸が満載なのが特徴です。

 

ピノくん
海の香りがするんだよ!

 

あっさり塩スープと口の中に広がる豊かな海の幸、釜石でしか味わえない美味しいラーメンなので、ぜひ食べてみてください!

 

関連ランキング:ラーメン | 釜石駅

 

 

まとめ

あなたはどの釜石ラーメンを食べてみたいと思いましたか?

 

今回は旅行者のための「駅から遠くないラーメン屋7選」を紹介しました。

どのラーメン屋さんも昭和の時代から愛され続ける歴史あるおいしさ。東日本大震災を乗り越えて、今日も元気にお客様に最高の一杯を提供しています。

 

ぶっちゃけ釜石市は飛行場もないし、新幹線も止まりません。

 

都心や県外からもアクセスが悪いので、遠い方は移動に苦労するかと思いますが、その苦労を吹き飛ばす美味しさが「釜石ラーメン」にあります。

コロナが落ち着いたらぜひ食べに行ってみてはいかがでしょうか。

釜石市内の移動はレンタカーがおすすめ!

 

ピノくん
愛媛にも、あっさり系ラーメンがあるんだよ!

【実録!】中華そば心(愛媛)に大行列ができる理由とは?あっさり系トップクラス入りは間違い無し!

 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はらぺこピノ

お取り寄せグルメや、コンビニ、外食チェーン店など、食べものに関する記事を書いています!また新人デザイナーやディレクターに向けた「食の伝え方」も発信しています!

-コンビニ・外食
-

© 2021 はらぺこピノブログ Powered by AFFINGER5