FOOD

ミルクレープ人気店【カサネオ】楽天1位に選ばれる人気の秘密とは?

ミルクレープ食べるなら絶対カサネオ!

ほかのよりも断然好き、レベル高すぎ!

 

こんな口コミにつられ、
ミルクレープの有名店「casaneo(カサネオ)」お取り寄せしてみました!



 

「カサネオのミルクレープって超人気みたいだけど実際どうなの?」
「他のミルクレープと何が違うの?」

 

こんな感じで気になっている方は、このままお読みください。

 

ちなみに、食べた率直な感想は、

「いや〜ミルクレープ、ナメてたわ〜」でしたよ。

 


 

本格コーヒーが飲みたい方はこちら!

 

 

楽天市場ランキング1位!

<出典>https://www.suzette-shop.jp/shop/g/g2002/

「カサネオ」のミルクレープは、2019年「楽天ランキング1位」に選ばれました!

・ケーキ部門、ミルクレープ部門
(2019年7月15日〜21日)
・デイリー・リアルタイム
(2019年7月15日)

 

ミルクレープ部門で1位になる時点ですごいですが、

ライバルの多いケーキ部門で1位の快挙!

 

チョコケーキ、ロールケーキ、チーズケーキ、フルーツタルト……楽天ショッピングで、毎日掲載されるケーキ、約50万件の中でトップ!

 

ケーキ市場の大きさ、そしてその中から選ばれることが、いかに凄いか分かりますね。

 

ちなみに2020年8月20日現在では、【ミルクレープ部門 第4位】

 

もはやランキング上位の常連となった「カサネオ」のミルクレープ。なぜこんなにも人気なのでしょうか。

 

 

 

生みの親が手掛ける、ミルクレープの新ブランド店

ミルクレープは、外国のお菓子…と思いきや、実は日本生まれなんです。

 

クレープ自体の発症はフランスですが、そのクレープと生クリームを「層」にしてアレンジしたのが、日本人シェフの関根俊成という人物。

そう、このお方こそが「カサネオ」のミルクレープを生み出した神様なんです。

 

ミルクレープという名前の由来は、フランス語の「千枚のクレープ」から。日本生まれのケーキなので、ミルクとクレープの造語だと思っている方も多いですが「ミルクレープ」という、ひとつの単語が由来になってるんですよ。

 

「カサネオ」という名前は、アルファベットの重ねる【 kasaneru 】に、新しいという意味の【 neo 】を組み合わせたもの。

 

お客様が歳を重ねるたびに深みを増していく人生のように、重ねる喜びを感じていただけるような、演技のいいスイーツを提供したい。

こんな想いで「カサネオ 」という名前にしたそうです。

 

 

人気の秘密1 20のクレープ層

ではでは「カサネオ 」のミルクレープを食レポしていきます。

 

今回、お取り寄せしたのはこちら。


ミルクレープ「はじまり」12cm 2,268円(税込)

チョコラ味や季節のフルーツ味もありましたが、初体験ということでまさに「はじまり」を選びました。何を選べばいいか迷ってる人は、「はじまり」にしましょう。これこそが「THE ミルクレープ」ですからね。

 

カサネオのミルクレープ、最大の特徴は、クレープの層が20枚もあるということ。

これまで、層を数えた事なんてなかったけど、今回は食レポという事で「1枚、2枚、3枚…」としっかり数えましたよ!

 

…って、なぜ20層も必要なのか?

 

その理由は「しっとりした食感」にこだわりたかったから。

向こうが透けるくらい、極限まで生地を薄くすることで、「しっとりした食感」が実現できるんだそうです。

 

 

 

人気の秘密2 美しい断面

「カサネオ」のミルクレープは、層がとっても美しいんです。控えめにいっても芸術作品!

上品なバームクーヘンのような美しさに思わず見とれちゃいました!

 

この層はスピードさ・正確さ・丁寧さ、3つの技術を兼ね備えないと作れないんだそうです。

極限まで薄くしたクレープは破れやすく、そしてクリームは時間の経過とともに「だれて」硬くなる。素早く、丁寧に、そして正確に重ねていかないと美しい形に仕上がらない。

 

これぞプロフェッショナルの流儀!
美しい断面はプロの技が冴え渡る、芸術作品の極みだと言えます。

お取り寄せしたら、まずはじっくり眺めてから食べることをおすすめします。

 

 

 

人気の秘密3 フォークがすっと入る

いよいよ緊張の一瞬です。この瞬間を楽しみにしていました。

(ドキドキ…では、フォークを入れてみよう)

 

すっ……

 

あれ?入れた?…あれ?フォーク入ったの?

 

っていうくらい音もなくすっ と入ってしまいました。チカラで押し込まなくても、フォークの重みですっ… と入りました。

 

今まで食べた中で、一番の柔らかさ。こんなにすっ てフォークが入ったのは始めてです!

例えるなら、お豆腐を箸で切るようなくらいのすっ でした。

 


 

そして、いざ実食!

 

「かるっ、なめらかっ、しっとりっ」

 

これが食べた率直な感想です。

口の中で、クレープ→生クリーム→クレープ→生クリームと、クレープの層をしっかり感じることができたのは驚きでした。

生クリームもとても軽やかなので、次から次へと口に運んでいき、あっという間に完食。

 


 

「カサネオ」の 生クリームは、自家製のカスタードと生クリームをブレンドしたもので、鮮度にめちゃくちゃこだわっているとのこと。

 

なので、毎朝毎朝、必要な分だけカスタードクリームを作る手間のかけよう。

しかし、このカスタードクリームのおかげで、ミルクレープのしっとり感が際立つんだそうです。

 

 

 

まとめ

 

「カサネオ」のミルクレープを実際に食べて思ったのは、

「こんなに素材の味を活かしたケーキはない。」っていう事です。

 

ミルクレープは、クレープと生クリームを挟んだだけの、シンプルなケーキ。しかしシンプルだからこそ、素材の味で勝負するしかないんだろうなと思います。

 

ぶっちゃけ、ミルクレープはどれも一緒と思っていましたが、「カサネオ」は違いました。ミルクレープの価値観が完全に変わってしまいました。

まだ食べた事ない方は、ぜひお試しください。ミルクレープの概念が変わる事をお約束します。

casaneo(カサネオ)公式オンラインショップ

 


 

一番下にある【コメントを書き込む】に感想や意見をいただけると、今後の記事クオリティアップやモチベーションに繋がります。

最後までありがとうございました。

 

 

 

 

アドセンスコード

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はらぺこピノ

食べ物系の広告を作り続けて15年以上。自身の体験談をもとに、広告制作のリアルを発信!これから広告業界で頑張る「新人デザイナー、アートディレクター」のお悩みが解決できる情報をお届けします。食レポ&お取り寄せグルメ紹介も!

-FOOD

© 2020 はらぺこピノブログ Powered by AFFINGER5