AD

【食品チラシ】こんな折込チラシは売れません!理由と対策を解説

どうすれば「売れるチラシ」が作れるんだろうか…?
新人くん

今回は、このような方に向けた記事です。

この記事で分かること。
・食品チラシの目的
・売れないチラシの特徴
・売れるチラシにするために

 

デジタル広告が増え、ニーズが少なくなっているとはいえ、まだまだ需要がある折込チラシ。特に地方に住む高齢者家族には、必要不可欠と言っていいでしょう。

 

ピノくん
売れないチラシの原因と、売れるための改善策を解説します!

 

この著者の簡単なプロフィール
・広告代理店アートディレククター
・チラシ制作歴15年以上
・大型スーパーの食品チラシ担当

 

 

 

折込チラシの目的

ピノくん
折込チラシは「集客」つまり、お店に足を運んでもらうための広告なんだ。

チラシは、新聞と一緒に消費者のもとに届けられますが、当然ながら、イバル店(競合他社)のチラシも一緒に届けられます!

 

「トマトはこっちのお店が安いわ!」
「今週はポイントが倍だってー!」

 

消費者はいろいろなチラシを比較検討して、買いに行くお店を決めます。

 

まるでチラシのオーディションだね…。
新人くん
ピノくん
折り込まれたチラシが、お店の売り上げを決めるといっても過言ではないんだ。

 

ひぃ…!それは責任重大!
新人くん

 

スーパーは、多い人でほぼ毎日、少ない人でも週2回と、非常に多い頻度で利用されます。

 

具体的に、チラシのどんな所を見て行くお店を決めているの?
新人くん

 

消費者がチラシでチェックしているのは、

・特売品があるか
・今晩のおかずの参考はないか
・旬のものがあるか

 

ピノくん
お店に行くメリットがあるか見極めているんだよ。

 

 

売れない折込チラシの理由

そもそも売れる・売れないってどうやって判断してるの?
新人くん
ピノくん
お店によって基準はあるけど、大きく分けると以下の2点。

1、チラシ期間中のお店全体の売り上げ
2、チラシ掲載商品の売れた数

 

この著者である私が携わっていた「大型スーパー」は後者の方でしたが、どっちにしても、お客様が来店しないと売り上げは発生しないのは当然のこと。

そして来店しないというのは、そもそもチラシに興味を示さなかったという可能性もあります。

まずは、「こんなチラシでは興味は示さない。」つまり売れませんよ。って事からお話しします。

あたりまえの情報すぎる

あたりまえの価格。あたりまえの商品。

ピノくん
消費者がとっくに知ってる情報は、掲載する意味がないよね…。
まぁ、そうだよね…
新人くん

 

チラシは、興味を持ってもらってはじめてコミュニケーションが生まれます。

・あっと驚く価格
・旬のもの、話題のもの

 

これらの情報がないチラシは全く消費者には伝わらずスルーされてしまうのがオチです。

 

夕飯のヒントがない

チラシは「今晩のおかず目的」でチラシを見る人が圧倒的に多いです。

「最近はお肉ばかりだから、お魚料理がいいかな…。」
「素麺ばかりで飽きたから、違うものにしなきゃ…。」

 

ピノくん
消費者であるママさん達は、あれこれ悩みながら折込チラシを見ているのに、夕飯のヒントが載ってないのは不親切だよね。
安さを伝えるだけじゃダメなんだね。
新人くん

 

 

「ついで買い」訴求ができてない

訴求とは
買い手が購入したい気持ちに働きかける事。文字どおり、商品の魅力を「訴えて」お客様に購入を「求める」といったイメージです。

 

ピノくん
お店の立場になって考えたら、ひとつでも多くのモノを買ってもらいたいはずだよね。
「ついで買い」だよね。
新人くん

 

ピノくん
そう。「焼肉用のお肉」を買う時は、焼肉のタレも買わなきゃってなるんだけど、
ピノくん
それが探せないのは不親切!

 

ピノくん
離れ離れに掲載するのはとても見づらいよね。
それぞれの場所で写真を大きくしてもダメなの?
新人くん

 

ピノくん
チラシは情報量が多いから見るだけでも疲れるんだ

 

折込チラシは商品名や価格、商品情報以外に、スペックやら産地やら、とにかくたくさんの情報がぎゅうぎゅうに詰め込まれています。

 

ピノくん
商品が探しにくいチラシは、面倒臭くなって見るのを辞めちゃいます。

 

 

売れる新聞折込チラシに改善

ピノくん
じゃあ本題の「売れるチラシ」にするためをお話するね。
お願いします!
新人くん

 

ピノくん
ひとことで言うと、さっきの「売れないチラシ」と真逆のことをすればいいんだ。
「売れる」って確か、お店に足を運んでもらうため…だっけ?
新人くん

 

ピノくん
来店したくなる「きっかけ」を表現すればいいんだよ。

 

チラシを見て来店したくなるきっかけは主に3つあります。

・特売品があるか、新商品があるか。
・今晩のおかずのヒントがあるか。
・ついで買いの訴求ができているか。

 

 

特売品と新商品

 

まずは特売品について。

ピノくん
商品の価格は、いくらからが特売品?ってのを知っておく必要があるんだよ。
どうやって身につけるの?
新人くん

 

スーパーに並んでる全商品の平均価格を把握するなんて、気が遠くなりそうだな……。
新人くん

 

ピノくん
最初は、野菜の価格を把握するのがおすすめだよ。

 

なぜ野菜なのか?
・利用頻度が多く、集客力も強い。
・天候の影響で価格変動が激しい。

 

「お店の売り上げが左右される」と言われるほど、商品力が強いのが野菜です。

 

・野菜が安ければ、お客さんが来店する。
・お客さんが来ると野菜以外も買う。
・結果、お店の売り上げがあがる。

といったイメージ。

 

また大雨や台風など、天気の影響で価格が大きく変わるため、野菜の高値と安値をしっかり把握する事が重要です。

価格はどうやって把握すればいいの?
新人くん
ピノくん
日頃からいろんなチラシを見たり、お店に足を運んだりして、野菜の特売価格はいくらか?をチェックする事が大切だよ。

 

新聞をとってなくても、今はお店の公式ホームページでチラシを見る事ができるので、スマホやパソコンでも簡単に見る事ができます。

 

 

続いて新商品について。

 

ピノくん
新商品は「来店のきっかけ」として有益な情報なんだよ。
ピノくん
「テレビで紹介されてたあの商品が売ってる!」「話題のものがある!」という発見になるからね。

 

わかった!新商品はしっかり紹介するようにするね。
新人くん

 

新商品にはいろいろあります。全くの新しい商品や既存商品の新フレーバー。流行のスイーツや話題商品など…。

ピノくん
でも、他のお店でも同じような値段で売っているのが唯一の欠点なんだ…。
どこにでも売ってるなら、差別化は難しいのかな…。
新人くん

 

ピノくん
なので「季節のフルーツ」で差別化すればいいよ

 

春はいちご、夏はスイカ、秋はぶどう、冬はみかん、といった季節フルーツを掲載するだけで、季節感と目新しさを出すができます。

 

季節フルーツだって他のお店にもあるから差別化できないんじゃない?
新人くん

 

ピノくん
大丈夫だよ!

フルーツは野菜と一緒で、仕入れによって価格も産地も変わるため、他のお店とは差別化をしやすくなります。

 

 

献立選びに優しい設計

ピノくん
「夕飯の献立選び」に優しい設計のチラシは嬉しいよね。
じゃあ、カレーライスを紹介してみようかな。みんな大好きだから反応するんじゃないかな?
新人くん

 

ピノくん
うーん。カレーでもいいんだけど、普通に紹介しても反応しないかも…。
ええ!そうなんだあ…。
新人くん

 

ピノくん
お客さまの気持ちに寄り添ったメニュー提案にしないとね。
気持ちに寄り添う…。どういうことなんだろう…。
新人くん

 

ピノくん
今のママさんは、働きながら子育て、家事もいろいろやったりで、とにかく忙しいんだ。
ピノくん
だから、短時間でラクに作れるメニューが喜ばれるんだよ。

 

喜ばれるキーワードは、「時短と手軽」

「これなら簡単にできるかも。」と喜ばれるメニューを提案すると興味を持ってもらえます。

 

どんな風に表現にすれば喜ばれるのかな?
新人くん
ピノくん
・〇〇するだけ!
・〇〇分で完成!
・レンジでできる!
ピノくん
お手軽感のあるワードで訴求するといいよ!

 

「〇〇するだけ」
焼くだけ・ほっとくだけ・切るだけ・チンするだけ・のせるだけ。

例えば、野菜切るのが大変な野菜炒めも、

カット野菜で焼くだけ簡単!「野菜炒め」

と、カット野菜を使った楽チンレシピの紹介をする事ができます。

 

「〇〇分で完成」
10分で完成! 5分であっという間!

具体的な数字を入れて訴求するのも効果的です。

10分で完成!夏野菜たっぷりカレー

時間がかりそう…と言って敬遠されがちな料理でも、具体的数字を入れる事によって「これならできるかも♪」と思ってもらえます。

 

レンジでできる!

時短料理の最強アイテムの「電子レンジメニュー」も紹介していきましょう。

油不要!レンジでできる「ジューシー唐揚げ」

揚げ物や焼き魚など、「え?こんなものまでレンジでできるの?」という意外性があるメニューがより効果的です。

 

ピノくん
大切なのはお客様の気持ちに寄り添うこと
ピノくん
そして、迷ってる背中を「ポン!」と、押してあげるように訴求する事が大切なんだよ。

 

わかりました!
新人くん

 

 

ついで買いの訴求

最後についで買いを解説するね。
ピノくん
よろしくお願いします。
新人くん

 

ピノくん
「売れないチラシ表現」で、ついで買い、つまり関連商品が離れ離れになっていると探しづらいよ。と説明したよね。
ピノくん
それなら早い話し、近づけちゃえばいいのさ。

 

なるほど、これなら目線が散漫にならなくて済むね。
新人くん

 

ピノくん
そうなんだよね。チラシはとにかく情報量が多いからね。
ピノくん
まとめて関連商品を紹介する事で、見やすくなるんだよ。

 

ピノくん
今回は「焼肉のタレ」を例に出したけど、焼肉はついで買いがいっぱいだよね。
たまねぎ・とうもろこし・かぼちゃ・サンチュ…あ!ビールも欲しくなるね。
新人くん

 

ピノくん
そういった「お友達」を増やしてグループ化しちゃえばいいんだよ。

 

ついで買いの訴求は、お店側は売り上げアップ、お客さまは買い忘れ防止といった一石二鳥の効果があります。

 

今回は例として「焼肉用のお肉+焼肉のタレ」を挙げましたが、ほかにもいろんな関連商品があります。

・サンマには大根おろし
・鍋料理にはシメのうどん
・ヨーグルトにはフルーツ
・スナック菓子には炭酸飲料

 

ピノくん
「この商品にはこれも必要かな〜」と、連想するクセをつけるようにしましょう。

 

まとめ

今回の記事をまとめます。

売れないチラシ
・他のお店と差別化できてない。
・夕飯のヒントが見つからない
・関連商品が探せない。

 

売れるチラシ
・特売品と新商品で差別化する
・まずは野菜の特売価格から覚えよう
・新商品はフルーツを押し出そう
・夕飯のヒントをつくってあげよう
・ママさんたちは家事に育児に忙しい
・「これならできそう」な手軽メニュー
・関連商品はくっつける
・お友達を増やしてグループ化

 

繰り返しにはなりますが、折込チラシは「お!」と興味をひかせる事ができなければ、一瞬でただの燃えるゴミになってしまいます。

新聞と一緒に織り込まれた、チラシの中から見てもらうためには、お店に足を運びたくなる「きっかけ」を分かりやすく伝える事。

これを常に意識するようにしましよう。

 


一番下の【コメントを書き込む】に感想や意見をいただけると、今後の記事クオリティアップやモチベーションに繋がります。

最後までありがとうございました。

 

人気ブログランキングへ

アドセンスコード

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はらぺこピノ

お取り寄せグルメや、コンビニ、外食チェーン店など、食べものに関する記事を書いています!また新人デザイナーやディレクターに向けた「食の伝え方」も発信しています!

-AD
-

© 2020 はらぺこピノブログ Powered by AFFINGER5